Cool Robots iXs Research Corp. Japanese English
トップ 製品紹介 サービス 受託開発 ご購入方法 サポート 会社紹介 お問い合わせ

橋梁鋼床版超音波探傷ロボットSAUT ROBOT

SAUT ROBOT

高速道路などの橋梁において、鋼床版と呼ばれる構造物の検査を、足場架設することなしに超音波探傷の検査を実現できるロボット「SAUT ROBOT」(SAUT:Semi Automatic Ultrasonic Testing)です。
SAUT ROBOTは搭載する永久磁石により鋼床版デッキ面に背面吸着し、デッキ面上にあるビード溶接部などの凸部を走破しながら超音波探傷による検査を実現しています。
従来、橋脚桁内に足場を架設し、超音波探傷装置を検査対象部に接触させて検査を行っていた一連の作業を、SAUT ROBOTを導入することにより、足場架設の費用と工期の圧縮だけでなく、作業員の負担の軽減、一定品質での超音波探傷検査を実現します。


本製品は株式会社イクシスリサーチ、財団法人首都高速道路技術センター、株式会社ホルス、テクニカルリンク株式会社の共同開発品です。

特許出願中

画像をクリックして拡大画像をご覧いただけます。

設置方法

画像をクリックして拡大画像をご覧いただけます。

製品仕様

仕様
車体寸法 約180(W) x 200(D) x 80(H)[mm](突起物除く)
車体重量 約2[kg]
可動時間 約8時間(通常使用下において)
最高速度 約0.3[m/s]
UTセンサ 斜角探傷型
デッキ面背面吸着方式 マグネット吸着
トラフリブ面吸着方式 マグネット吸着
溶接ビード部乗越え デッキ側:5[mm]
トラフリブ側:5[mm]
着脱方式 伸縮可能な5mアルミポールにて着脱
操縦方式 有線による遠隔操縦
安全装置 マグネット吸着式による命綱両端支持
バッテリ Li-ion