人工知能・データサービス

Business

社会・産業インフラに特化した
「安心安全を守る」AI・Data Service。

社会・産業インフラの維持には様々な点検検査を実施します。
従来は熟練技能者のノウハウに依存した点検検査で、技能者の高齢化、老朽化した設備の増加といった問題に直面しており、点検検査の質を維持することは困難な状況です。また、近年の異常気象や自然災害に伴い、インフラの監視では日々刻々と移り変わる状況を情報収集し、迅速に判断、対応することが求められます。
イクシスではこれら課題を解決すべく、社会・産業インフラに特化したAI・Data Serviceシステムを開発し、データの取得・記録・解析、解析結果を利用した判断、遠隔制御まで、社会の安心安全を守る一連のシステムを提供します。

当社の技術

社会・産業インフラの抱える社会的課題の解決

ケーススタディ

橋梁・トンネル

橋梁の点検検査では、IoTによる損傷データの取得・記録、AIによる損傷の解析・診断を行います。インフラの老朽化が進み、近年はニーズが高まっています。

土木・建築

河川・砂防から建物まで、IoTによる点検・監視とAIによる判断を行います。異常気象や災害時は、特に迅速な情報の取得・判断が必要とされ、AIとIoTの活用が重要です。

電力関連

送電線、ダム、発電設備などの保守点検でも、IoTによる損傷データの取得・記録、AIによる診断を行います。インフラの安定した稼働をサポートします。

石油化学・鉄鋼

プラント内の点検検査では、IoTによるセンサー情報の取得・記録や、AIによる異常検知などを行います。作業者の安全を守るため、遠隔監視や制御の仕組みを提案します。

「AI・Data Service」開発事例

AI・Data Service

インフラの定点・経年状態を正確に把握、アセットマネジメントの最適化を支援

点検データの記録・解析サービス

取得した写真等のデータから損傷の位置をAIにより抽出し、目視点検作業を効率化。

VIEW

構造物の3次元データとロボット・ソフトウェア・サービスを連携

点検結果の3次元納品

点検データを3次元空間の中で管理・AI解析といったトータルサービスを提供。

VIEW

構造物の損傷抽出作業を効率化

構造物の損傷抽出AI

ロボットにより取得した画像データから、損傷の位置を自動的に抽出。AIの解析をもとに構造物の損傷抽出作業を効率化。

VIEW

BIM/CIM連携システム

iXs BIM/CIM Link Solution

BIM/CIMと呼ばれる構造物のデータをソフトウェアに取り込み、3次元空間の中でロボットなどの装置を制御することができます。

VIEW

自律走行ロボット(SLAM)

iXs SLAM Solution

ロボットの自律走行プログラムを開発し、障害物を回避しながら目標位置へ自動で移動する行動計画を立案することができます。

VIEW

AIによりひび割れの抽出作業を自動化

建物・構造物診断システム

建物・構造物の損傷を位置情報と併せて保存。クラウドのシステムで情報共有が可能。

VIEW

情報共有に関するインフラ現場の悩みを解決

iXs Storage

パソコンのフォルダ同様、直観的な操作で利用可能。複数拠点での情報共有をローコストで実現。

VIEW