ニュースリリース

イクシスがGoogleのアクセラレータープログラム
「Google for Startups Accelerator Class 3」に選出

お知らせ

株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 Co-CEO:山崎文敬、狩野高志)は、Googleのアクセラレータープログラム「Google for Startups Accelerator Class 3」に選出され、2021年1月より本アクセラレータープログラムに参加します。

イクシスは「ロボットxテクノロジーで社会を守る」をミッションとし、ロボットを利用したデータ取得・AI解析・3次元データ連携など、インフラにおけるDXを支援しています。

この度イクシスが選出された「Google for Startups Accelerator Class 3」は、社会課題をテクノロジーで解決に導くスタートアップを対象にGoogleが実施するオンラインアクセラレータープログラムです。
イクシスは本プログラムにおけるトレーニングプログラムやコミュニティへの参加等を通じ、社会・産業インフラ向け「ロボット及び取得データ解析サービス」のさらなる普及、インフラの抱える社会的課題の解決に邁進してまいります。

■「Google for Startups Accelerator Class 3」とは
Google for Startupsは、スタートアップのさらなる成長を支援するアクセラレータープログラムを世界各国で開催しています。2021年1月下旬から始まるGoogle for Startups Accelerator Class 3では、テクノロジーを用いて社会課題を解決しようとする日本のスタートアップを対象に、技術、組織運営など幅広い分野にわたるトレーニングプログラムや、個別のメンターシップをオンラインで提供します。

詳細は以下をご覧ください。

プレスリリース

BACK