ニュースリリース

土木学会シンポジウム「インフラメンテナンスにおけるロボット活用」の第2部 技術紹介にて発表

展示会

土木学会シンポジウム「インフラメンテナンスにおけるロボット活用 -完全無人化に向けて-」の第2部 技術紹介において、代表取締役 山崎文敬が「鋼橋懸垂型点検ロボットを活用したデジタルツイン」について発表します。

日時:2020年1月30日(木)
場所:土木学会講堂(東京都新宿区四谷一丁目外濠公園内)

本シンポジウムは、先進的なロボット技術や、屋外作業を行うことのできるフィールドロボットの最新動向をはじめ、開発・実用化されている技術を紹介し、今後のメンテナンスにおけるロボット活用の研究開発の方向性を検討するものです。代表取締役 山崎文敬は当社が開発したインフラメンテナンスロボットの活用実例とデジタルツインについてその知見を講演します。

シンポジウム「インフラメンテナンスにおけるロボット活用シンポジウム―完全無人化に向けて―」の開催

BACK