技術ブログ

AR施工状況管理システム 〜コンクリート締め固め管理〜
2020.10.27
製品情報
施工状況管理システム(バイブレーターver.)

イクシスでは、AR(Augmented Reality:拡張現実)を利用した施工管理システムを開発しています。ARによる自己位置推定技術を用い、人や施工機械の動線を取得し、施工箇所や施工時間のデータを高精度で取得することが可能です。本システムでは、GNSSを使用しませんので、トンネル内や地下などでも使用することが可能です。取得したデータは他の作業員にも即時に共有可能なので、品質向上に大きく寄与いたします。

この技術を利用した製品として、イクシスではコンクリート締め固めバイブレーターの施工状況管理システムの製品をご提供しております。バイブレーターにiPadやiPhoneを取り付けるだけで、作業者の動線や施工したエリアをリアルタイムに表示可能です。

操作画面
今後の展開

本AR技術とARグラスを用いて作業者に対して施工不十分な場所を表示したり、次の作業エリアへの誘導や現場状況を表示してより安全かつ正確な情報が提供可能になります。

また、コンクリート締め固め以外にも、本技術を応用した施工管理システムを今後開発してまいります。

対応OS

iPhone/iPadはARKit対応iOS(iOSは最新バージョン推奨)
Android版はARCore対応のAndroidOS
※Android版は開発に少々お時間をいただきます。
※Windows版はHoloLensなどと組み合わせれば開発可能

ネットワーク環境について

スタンドアロンで実行可能(Bluetoothの相互通信も可能)
※遠隔の管理者側への情報送信時などはネットワークが必要になります。

BACK

pagetop